赤ちゃんの肌トラブルたっぷり解決策 赤ちゃんのブツブツ、あせもをしっかり予防・治療する裏技

母乳の同じ悩みを持つママだから。私の強い味方!






ひよこクラブ、赤すぐ、mamagirlがオススメ!


実際に飲んだママ96%が他のママに薦めたい!


⇒ 飲んだママの91%が、【赤ちゃんの母乳ゴクゴク】を実感!


赤ちゃんの肌トラブル?ブツブツあせもになる前に5つの賢い予防法

 

赤ちゃん,あせも,ブツブツ

 

赤ちゃんの服装に気をつける。

 

 

なるべく通気性のよい、天然素材の服を赤ちゃんには着せましょう。

 

吸湿性に優れている麻などの下着もよいです。

 

 

赤ちゃんは汗っかきなので、汗をすぐに吸収して

 

サラサラ感を保てる服を着せてあげましょう。

 

 

 

室内のクーラーはつけっぱなしにする。

 

 

昼夜を問わず、室温が26〜28度位に保てるように、

 

室内のクーラーはつけっぱなしにしましょう。

 

 

特に気をつけたいのは、赤ちゃんの寝汗です。

 

 

短時間の昼寝だけでなく、夜間の睡眠時もクーラーで

 

室温を低めに設定しておくとよいでしょう。

 

 

 

夜間睡眠時に厚手の布団は避ける。

 

 

寝冷えするから、風邪をひくからといって、

 

赤ちゃんに首まで厚手布団をかけるママがいるかもしれません。

 

 

顔が赤らんでいませんか?

 

寝汗で赤ちゃんの下着は濡れていませんか?

 

 

もし、汗をかいているなら、少し気をつけてあげて下さい。

 

 

お腹だけを冷やさないように気をつけて、

 

どうしても全身にかけたいなら

 

薄手の布団やタオルケットを選びます。

 

 

寝相が悪くて、布団を蹴飛ばす赤ちゃんには、

 

いっそのことスリーパーを着せるだけでもよいですよ。

 

 

 

赤ちゃん,あせも,ブツブツ

 

 

 

水分補給に気をつける。

 

知らず知らずに、赤ちゃんは汗をかくので、水分補給は気をつけましょう。

 

特にお風呂あがりの湯冷ましなど、授乳時以外の

 

水分補給も、飲むのは少量でいいので、

 

回数をこまめにとってあげましょう。

 

 

 

外出前には赤ちゃんも日焼け対策。

 

 

外出時に、紫外線に赤ちゃんの肌をさらすと、

 

日傘や帽子など利用してもやはり完全には防げません。

 

 

赤ちゃんに使える肌に優しい日焼け止めを利用しましょう。

 

 

これは日焼けを防止するためだけではありません。

 

 

肌に過剰な刺激を与えないための予防にもなるからです。

 

 

 

 

しまった!あせもになっちゃった!賢いママの5つの選択

 

赤ちゃん,あせも,ブツブツ

 

あせも治療クリームを利用する。

 

今は、色々なタイプの治療クリームがあります。

 

ブツブツのあせもが気になりだしたら、ひどくなる前に

 

早めに治療してあげましょう。

 

 

自分で判断できない場合、皮膚科のお医者さんに

 

診てもらいましょう。

 

 

 

サラサラと肌触りのよい服を1日何度か着せ替えてあげる。

 

ブツブツやあせもは赤ちゃんの着ている服と衣ずれをおこすと

 

赤ちゃんは不快感を感じてしまいます。

 

 

肌触りのサラサラしている服は

 

赤ちゃんにとっても着心地がいいものです。

 

 

なるべくこまめに着替えさせてあげて、

 

清潔に保ちましょう。

 

 

 

 

お風呂で洗うのは低刺激石鹸・ソープで優しく洗う。

 

アトピー用の低刺激石鹸や赤ちゃん用のボディーソープを

 

使ってみましょう。

 

 

あせもだからといって、きれいにするあまり、ゴシゴシ洗うのはNG。

 

 

あくまでも手で優しく洗ってあげます。

 

 

すすぎは念入りにしましょう。

 

洗い残しは、ブツブツの悪化につながります。

 

 

また、お風呂あがりはあせもの治療クリームと保湿クリームを

 

塗ってあげるのもよいかもしれません。

 

 

あせも治療クリームに保湿剤が含まれるならそれがベターです。

 

 

赤ちゃん,あせも,ブツブツ

 

 

赤ちゃんをリラックスさせる。

 

あせもやブツブツで不快に感じるのは赤ちゃん本人です。

 

時には、痒くなって、掻いてしまったりするかもしれません。

 

 

そのような時には、手にミトンをしてあげたり、

 

部屋にリラックス音楽をかけたり、なるべく痒さを忘れるように

 

環境を変えてあげます。

 

 

 

背中汗取りパッドを利用する。

 

背中汗取りパッドを外出時や夜暗睡眠時に利用してみましょう。

 

赤ちゃん用の保冷剤も外出時にはおすすめです。

 

汗を多量にかきそうな外出時や睡眠時に、

 

これらを利用すると、ムダな汗をカットできます。

 

このような便利グッズの併用も考えてみましょう。

 

 

赤ちゃん,あせも,ブツブツ

 

 

 

 

 

大事な赤ちゃんだからこそ、こだわりたい。







母乳育児中ママ100人に聞きました

母乳の悩み1位は「つまり」です

全国500以上の産院がオススメ!


⇒ ハーブティーで、ストレス解消ティータイムを!