小児殺を避けて、吉方位へお散歩しましょう。ママと赤ちゃんの簡単な開運法です。

母乳の同じ悩みを持つママだから。私の強い味方!






ひよこクラブ、赤すぐ、mamagirlがオススメ!


実際に飲んだママ96%が他のママに薦めたい!


⇒ 飲んだママの91%が、【赤ちゃんの母乳ゴクゴク】を実感!


超簡単!ママの吉方位へお散歩するだけで幸せ開運!

 

赤ちゃん,開運,吉方位,小児殺

 

子供の幸せを願うのは、どんなママでも同じ気持でしょう。

 

そこで、簡単な開運術をご案内したいと思います。

 

 

 

簡単に言えば、ママの生年月日によって決まる本命星を元に、

 

その日の吉方位にお散歩、お出かけするだけです。

 

 

 

散歩時間なんて数十分から数時間でしょうが、

 

吉方位にいくだけで、これでも立派な開運術になります。

 

 

ところで、あなたは自分の本命星をご存知ですか?

 

人は生まれた年月日によって、星が決まります。

 

 

特に長い人生で影響を大きく与える年の星、

 

生まれた年の星を本命星と言います。

 

 

この本命星に、今月の星、今日の星、さらには今の時刻の星が

 

どんどん影響を及ぼして、人の運気が変わるのです。

 

 

短時間の散歩のはずなので、その日、「日」の星に従って行動しましょう。

 

 

歩くだけの散歩なら開運方向に言って、Uターンすればいい。

 

 

公園など目的地があるなら、その目的地が開運方向にあれば、

 

途中の経路は別にどうでも大丈夫です。

 

 

分かりにくければ、とりあえず、自宅からみて吉方位にある公園やスーパー、

 

本屋、図書館なんでもいいのですが、そこに行って帰ってくるだけで構いません。

 

 

途中のルートで吉方位じゃない、凶方位になってもあまり気にしないようにして

 

とにかく、最終目的地が吉方位にある場所を目指しましょう

 

 

 

 

 

絶対行ってはいけない!小児殺方向だけはNG

 

赤ちゃん,開運,吉方位,小児殺

 

 

赤ちゃんを連れている時に絶対にNGの方角があります。

 

 

これを小児殺と言います。

 

 

小児殺は今月の、「月」の星によって決まります。

 

 

ママの吉方位に進まなくても、赤ちゃんにとって凶方位である小児殺の

 

方向にだけはいかないよう気をつけましょう。

 

 

ママじゃなくて、赤ちゃんの開運を考えるなら、とりあえず

 

小児殺方向に行かないようにするだけで災難や厄除けになります。

 

 

 

これだけでも立派な開運術です。

 

 

 

とはいっても、病院に行ったり、実家に帰るなど、

 

どうしてもその方角に行かなければならないこととはあるはずです。

 

 

こんな時はどうしたらいいのでしょうか?

 

 

 

この場合は、

 

小児殺方向(凶方位)にある目的地に直接行かない

 

ようにしましょう。

 

 

いったん別の目的地を間に入れます。

 

その中間目的地からみて最終目的地が小児殺(凶方位)に

 

ならないよう気をつければいいのです。

 

 

 

⇒自分の吉方位、赤ちゃんの小児殺が知りたいならこちら

 

赤ちゃん,開運,吉方位,小児殺

 

 

 

 

大事な赤ちゃんだからこそ、こだわりたい。







母乳育児中ママ100人に聞きました

母乳の悩み1位は「つまり」です

全国500以上の産院がオススメ!


⇒ ハーブティーで、ストレス解消ティータイムを!