母乳育児ママ 授乳中の胸の痛みはどう治す?

母乳の同じ悩みを持つママだから。私の強い味方!






ひよこクラブ、赤すぐ、mamagirlがオススメ!


実際に飲んだママ96%が他のママに薦めたい!


⇒ 飲んだママの91%が、【赤ちゃんの母乳ゴクゴク】を実感!


母乳育児ママ 授乳中の胸の痛みはどう治す?おっぱいマッサージが効果的?

 

母乳育児,胸,痛み

 

授乳中の胸の痛みはそのうち治ります。

 

いつまでかはその人次第なのと、赤ちゃん次第です。

 

赤ちゃんがまだまだ飲み方が下手なので、

 

変な吸い方して痛くなってしまうことが多いからです。

 

飲み方としては乳輪のあたりから吸わせると

 

痛くないし、母乳も出やすいです。

 

なるべくこどもを口が大きくあけて、

 

おっぱいもくわえやすいようにつまんで

 

奥まで入れてあげましょう。

 

成功すると激痛はまぬがれます。

 

でも一度痛くなったら休ませないと治りません。

 

なので、ミルクをあげて休ませたり、

 

馬油などで乳首ケアしてみましょう。

 

胸の大きい人は横抱きで母乳をあげるより、

 

縦抱きであげる方がお互い楽です。

 

ちょうど、赤ちゃんを膝に座らせるような感じです。

 

胸が張っているときはこまめに出してあげないと、

 

後々もっと痛くなりますから気を付けてください。

 

赤ちゃんが飲まずに残ってしまった母乳は

 

搾乳で出し切ってしまいましょう。

 

母乳の出が良くなるおっぱいマッサージ

 

効果的ですが、胸が痛みすぎる時は、避けましょう。

 

そして、胸が痛くない時にマッサージをこころがけて、

 

母乳の出を良くしてあげると、授乳時のおっぱいの痛みを

 

減るでしょう。

 


この胸の痛み大丈夫?心配になった母乳育児ママは確かめよう!

 

母乳育児,胸,痛み

 

授乳中のツーンとした痛みは、心配ありません。

 

大丈夫です。

 

 

痛いというほどではありませんが、

 

母乳育児に慣れてくると授乳中に

 

胸がツーンとした感じになることがあります。

 

 

これは「催乳感覚」と言って、

 

母乳が作り出されているときに感じるものです。

 

 

授乳中なので、ママの体内で母乳が作られているのは

 

当たり前ですよね。

 

 

 

乳房全体が張っているときの痛みはどうでしょうか。

 

 

 

母乳が出過ぎる「母乳過多」の人に多いのですが、

 

おっぱいの中に母乳が溜まって、

 

乳房全体がパンパンに張っている時に痛みを感じます。

 

 

食事や水分をしっかり摂っているにも関わらず、

 

母乳をあげる回数が少なかったり、

 

授乳間隔が長く開いてしまったしまった時にに見られます。

 

これは、母乳を搾乳や授乳で外に出せば自然に治るので

 

大丈夫です。

 

 

母乳を出しても出しても痛みが続く場合は、

 

乳腺炎が考えられます。

 

しこりがないかを確認しましょう。

 

参考 母乳育児中のママ 乳輪の痛みで悩んだら〇〇

 

 

頭部分が切れた痛みは、分かりやすいかもしれません。

 

授乳中、乳首を赤ちゃんに噛まれたり、

 

抱き方によっては乳首の一か所に負担がかかっていることなどから、

 

乳首が切れて傷になって痛みが生じます。

 

 

傷の痛みや治りには「傷パワーパッド」が効果があるようです。

 

厚手の絆創膏なので、授乳中の痛みがかなり和らぎますし、

 

傷の治りも早くなります。

大事な赤ちゃんだからこそ、こだわりたい。







母乳育児中ママ100人に聞きました

母乳の悩み1位は「つまり」です

全国500以上の産院がオススメ!


⇒ ハーブティーで、ストレス解消ティータイムを!