風邪ひいた母乳育児ママ 市販の風邪薬・葛根湯はOK?

母乳の同じ悩みを持つママだから。私の強い味方!






ひよこクラブ、赤すぐ、mamagirlがオススメ!


実際に飲んだママ96%が他のママに薦めたい!


⇒ 飲んだママの91%が、【赤ちゃんの母乳ゴクゴク】を実感!


風邪をひいた母乳育児ママ 授乳中でも市販の風邪薬はやっぱりNG?

市販の風邪薬でも、摂取量を守れば大丈夫です。

 

しかし新生児〜生後2ヶ月くらいまでは、

 

念のため避けた方がいい場合もあるようなので、

 

薬剤師や医師に相談しましょう。

 

授乳中の風邪薬で注意が必要なものはカフェインの量です。

 

母乳を通じて赤ちゃんがカフェイン摂取をする可能性

 

があるからです。

 

ただ、1日2〜3杯程度のコーヒーであれば

 

問題はないとされているので、

 

赤ちゃんの態度に変化がなければ特に問題ありません。

 

とはいえ、赤ちゃんによってはカフェインへの感受性が高く、

 

摂取量によって興奮して落ち着きがなくなったり、

 

眠れなくなったりする傾向がある場合、

 

授乳中のママには注意が必要です。

 

例えば、パブロン50(大正製薬)は授乳中の使用に

 

ついての記載はなく、カフェインも含まれていませんが、

 

新エスタックW(エスエス製薬)やパイロンS(塩野義製薬)

 

にはカフェインが含まれています。

 

母乳育児,風邪薬,葛根湯

 

授乳中でも、葛根湯など漢方薬は大丈夫?やっぱり鎮痛剤はだめなの?

葛根湯の服用も大丈夫です。

 

漢方薬は安全といわれることも多いですが、

 

薬によっては食欲不振などの体調不良を引き起こすこともあります。

 

個人の体調や症状に合わせて漢方の専門医が

 

処方してもらうことで最も効果が出る薬なので、

 

できれば医師や専門医に診てもらった上で

 

処方してもらうことをおすすめします。

 

また、葛根湯は授乳中でも飲めるとされていますし、

 

漢方の中でも比較的効き目がおだやかなので

 

服用しやすいので、風邪の引き始めには

 

効果的でしょう。

 

熱っぽい時や頭痛の時にはどうしたらいいでしょうか?

 

痛みをやわらげる頭痛薬を手放せないという方は、

 

「アセトアミノフェン」「イブプロフェン」という成分の

 

頭痛薬を選びましょう。

 

授乳中でも赤ちゃんへの影響がないといわれています。

 

市販薬名では「カロナール」や「タイレノール」「イブA錠」などです。

 

頭痛薬で効果が高い「ロキソニン」や「イブクイック」などは

 

赤ちゃんへの安全性が確立されていないので控えましょう。

 


市販の風邪薬と医者の出す風邪薬 知っておいたほうが良い知識

 

母乳育児,風邪薬,葛根湯

 

風邪の場合だと病院で処方されるのは

 

抗生物質や去痰剤、抗ヒスタミン剤、気管支拡張剤などです。

 

 

薬には、それぞて添付文書という書類が付いており

 

どのような状態の人には使用できません、

 

が明示されています。

 

 

当たり前ですが、授乳中は使用不可の記載がある薬は

 

服用してはいけません。

 

 

一般的に風邪のときによく処方される抗生剤の

 

クラビットやジスロマック、フロモックス等は

 

医師からの指示用量通りに服用すれば授乳中でも問題ありません。

 

 

その他のお薬も授乳中でも服用できるお薬はたくさんあります。

 

 

パブロン50(大正製薬)や葛根湯なども大丈夫です。

 

新エスタックW(エスエス製薬)、解熱鎮痛薬のタイレノールA(ジョンソン&ジョンソン)

 

なども利用可能です。

 

大事な赤ちゃんだからこそ、こだわりたい。







母乳育児中ママ100人に聞きました

母乳の悩み1位は「つまり」です

全国500以上の産院がオススメ!


⇒ ハーブティーで、ストレス解消ティータイムを!