産後の抜け毛・薄毛を治す対策ならこれ

母乳の同じ悩みを持つママだから。私の強い味方!






ひよこクラブ、赤すぐ、mamagirlがオススメ!


実際に飲んだママ96%が他のママに薦めたい!


⇒ 飲んだママの91%が、【赤ちゃんの母乳ゴクゴク】を実感!


産後の抜け毛・薄毛を治す!有効な3つの対策

 

産後,抜け毛,対策

 

産後の抜け毛は「産後脱毛症」と呼ばれ

 

産後のママの80%が経験するとのデータがあります。

 

産後すぐに突然抜け始めた髪の毛に

 

驚くママは「いつまで抜け毛が続くの…」と

 

不安に思うでしょうが、まずはしっかりと

 

気を持ちましょう。

 

いつからいつまで抜け毛が続くのかは、

 

個人差が大きいです。

 

産後すぐに抜け始め、6ヶ月程で抜け毛がとまり、

 

生え始めるという方。

 

産後,抜け毛,対策

 

産後しばらくしてから抜け始め、

 

1年程で生え始めたという方など様々。

 

髪の成長に合わせて、

 

新しい髪の毛が生え始めるまでの

 

休止期である2〜3ヶ月を過ぎた時点で生え始めます。

 

「抜け毛が少なくなってきたな」と思ってから2〜3ヶ月は

 

あまり悩み過ぎないようにしましょう。

 

女性ホルモンの分泌には個人さがありますが、

 

1年以上抜け毛に悩まされるようであれば、注意しましょう。

 

3つの抜け毛対策

 

まず、大事な髪を保湿することです。

 

特にふたりめの子供の出産を経験したことが

 

ある方は自分の髪の毛が

 

パサパサなことに気が付いていると思います。

 

授乳や生活環境の変化で

 

髪が乾燥しやすく栄養不足に陥っています。

 

頭皮の乾燥が進むと血行が悪くなり、

 

毛根に栄養が届かなくなる原因にも

 

なりますので保湿対策をするようにしましょう。

 

次に、女性ホルモンの働きを助けましょう。

 

産後の抜け毛は女性ホルモンが

 

急激に減少したことが原因だとお伝えしました。

 

しかしその女性ホルモンをサプリメントで

 

補給しようとなると赤ちゃんへの母乳での

 

影響が気になるところです。

 

女性ホルモンに似た作用を持つ成分を

 

含んだ育毛剤で産後の抜け毛を抑え、

 

対処することが大切です。

 

最後に、髪を紫外線から守りましょう。

 

ふたりめの子供がいる方は特に、

 

公園に連れていって遊ばせなければならないし、

 

洗濯物も多く紫外線を浴びる機会が多いというのが悩みです。

 

紫外線は髪を乾燥させ、

 

パサパサな状態にしてしまいます。

 

その感想が血流の流れを悪くし、

 

栄養素が毛根に届かなくなる原因にもなるので、

 

紫外線対策を怠らないようにしましょう。

 

 

 

薬事法表記に注意!あなたが選ぶべきは育毛剤?発毛剤?養毛剤?

薬事法では、人体に使用するものを

 

「医薬品、医薬部外品、化粧品」の3つに分類しています。

 

このうち「医薬品」は治療目的が主で、

 

用法を間違えると副作用が生じることがあり危険なもの。

 

「医薬部外品」はその薬理的作用が比較的穏やかで

 

、副作用は殆んどなし。

 

「化粧品」は直接、身体に与える効能・効果を持たない。

 

育毛剤関係の商品は医薬部外品がほとんどで、

 

医薬品としての育毛剤はごくわずかしかありません。

 

医薬品はあくまで薬なので、

 

厚生労働省の許可のもとに製造販売します。

 

医薬部外品はやや規制が緩やかで、

 

薬事法では以下の条件を決めている

 

・使用目的が原則的に定められたもの

 

・人体に対する作用が緩和なもの

 

・器具、機械でないこと

 

(薬事法による、育毛剤に対する「効能範囲」の取り決め)

 

医薬部外品としての育毛剤⇒養毛、育毛、発毛促進、
                  脱毛の予防、フケ、カユミ

 

医薬品としての育毛剤⇒医薬部外品の効能に加えて、脂漏性脱毛症、
               円形脱毛症、びまん性脱毛症など。

 

産後の抜け毛に効く育毛剤を選ぶ時には

 

この表記には気をつけましょう。

大事な赤ちゃんだからこそ、こだわりたい。







母乳育児中ママ100人に聞きました

母乳の悩み1位は「つまり」です

全国500以上の産院がオススメ!


⇒ ハーブティーで、ストレス解消ティータイムを!