母乳育児 もう試しましたか?母乳を出すためのおっぱいマッサージ

母乳の同じ悩みを持つママだから。私の強い味方!






ひよこクラブ、赤すぐ、mamagirlがオススメ!


実際に飲んだママ96%が他のママに薦めたい!


⇒ 飲んだママの91%が、【赤ちゃんの母乳ゴクゴク】を実感!


母乳育児 赤ちゃんの未来を決める母乳【たっぷり】おっぱいマッサージ

 

母乳育児,おっぱい,マッサージ

 

なるべくなら、

 

授乳中は母乳マッサージをした方がよい

 

でしょう。

 

母乳育児を考えているママさんにとって、

 

ママのおっぱいは、赤ちゃんの大事な栄養を生み出すもの

 

です。きちんとメンテナンスしたいものです。

 

そのためには、

 

授乳後は、冷えピタなどでおっぱいを冷やして

 

ほてりをとりましょう。

 

チョコレートなどの甘いお菓子を控えましょう。

 

授乳後もしこりがとれず痛みがあるなら、

 

搾乳を繰り返し母乳を残らず出し切ってしまいましょう。

 

これらに気をつけた上で、母乳マッサージをするとよいのです。

 

バスト全体と乳首への刺激を与えるマッサージが有効

 

とされています。

 

・ バスト全体のマッサージ

 

バストを両手で、わきの下から持ち上げるよう

 

にして数回マッサージします。

 

片手でバストを支え、もう片方の手で、

 

バストを上から下へ、さらに、わきから乳首に

 

向けて数回さすります。

 

最後に両方のバストを下から支えながら、

 

軽く揺さぶります。

 

優しくするのがコツですが、これをしばらく繰り返します。

 

 

・ 乳首へのマッサージ

 

バストの乳輪の部分を、親指と人さし指で、

 

つまみます。

 

乳首の根元に指で圧力を加え、バストに押しつけるように、

 

力を強めたり弱めたりし、これを繰り返します。

 

乳首はかなりデリケートな部分なので、

 

間違っても傷つけないよう、丁寧に優しくマッサージしましょう。

 

マッサージだけで、母乳の出具合が改善しないのであれば、

 

母乳がよく出る食事や母乳がよく出る栄養素を

 

意識的に摂取するのもいいかもしれません。

 

母乳が足りない時や

 

母乳が出ない時>もあるかもしれません。

 

そんな時は、焦らずにマッサージをしたり、

 

一度ママの体を休めるなどして対処しましょう。

 


【後悔しない母乳育児】誰も語らなかったおっぱいマッサージの注意点

 

母乳育児,おっぱい,マッサージ

 

桶谷式は習得が難しいですので、

 

素人でもすぐにできる基底部マッサージ、乳頭・乳輪マッサージを

 

この動画をご覧になってやってみてください。

 

 

 

 

胸の張りについては張り乳、差し乳で異なります。

 

 

張り乳の場合とても硬くカチカチになり、吸われると軟らかくなります。

 

 

差し乳の場合そこまで硬くはなりませんが、

 

赤ちゃんに吸われ出すとどんどん出てくるという感じです。

 

 

また副乳は冷やしすぎに注意してください。

 

 

脇の部分におっぱいへ行く大きな血管があります。

 

これを冷やしすぎると乳汁の分泌を抑制してしまうことがあるので

 

要注意です。

 

 

自分でやる場合ですがマッサージにはそれぞれ目的に応じて手技が異なります。

 

 

乳頭、乳輪マッサージは乳首全体が張って硬い時など

 

赤ちゃんに飲ませやすくする目的で行います。

 

 

このマッサージをしてから授乳すると赤ちゃんが

 

よく飲んでくれおっぱいの張りが解消されやすいです。

 

 

基底部マッサージ

 

 

乳汁の分泌を促すもので

 

おっぱいの出が少ない時などに行います。

 

 

またある程度なら授乳前に行うことでおっぱいの出をよくし、

 

張りの解消につながります。

 

しかししすぎると乳汁分泌過多を招く恐れがあるので注意が必要です。

 

母乳育児,おっぱい,マッサージ

大事な赤ちゃんだからこそ、こだわりたい。







母乳育児中ママ100人に聞きました

母乳の悩み1位は「つまり」です

全国500以上の産院がオススメ!


⇒ ハーブティーで、ストレス解消ティータイムを!