母乳育児に必須!赤ちゃんの正しい授乳量と授乳間隔

母乳の同じ悩みを持つママだから。私の強い味方!






ひよこクラブ、赤すぐ、mamagirlがオススメ!


実際に飲んだママ96%が他のママに薦めたい!


⇒ 飲んだママの91%が、【赤ちゃんの母乳ゴクゴク】を実感!


母乳育児に必要な知識!赤ちゃんへの正しい授乳量と授乳間隔ですくすく育てよう

生まれたばかりの赤ちゃんの授乳回数は、

 

1日8回〜12回程度といわれています。

 

生まれてから28日までの新生児の赤ちゃんの

 

1回あたりの授乳量は、

 

産まれてからの日数によっても異なってきます。

 

一般的に、産まれてから初めの1週間までの授乳量は、

 

生後日数×10ml+10ml

 

これを目安にするとよいでしょう。

 

計算例
・生後1日目の赤ちゃんの1回の授乳量=20ml(1日×10ml+10ml)
・生後2日目の赤ちゃんの1回の授乳量=30ml(2日×10ml+10ml)
・生後3日目の赤ちゃんの1回の授乳量=40ml(3日×10ml+10ml)
(中略)
・生後7日目の赤ちゃんの1回の授乳量=80ml(7日×10ml+10ml)

 

になります。

 

その後の、赤ちゃんの月齢と1日あたりの授乳量は、

 

以下のようになりますので、注意しましょう。

 

・生後1週間〜生後1ヶ月では、1回80〜120ml

 

・生後1ヶ月〜生後4ヶ月では、1回200ml

 

・生後4ヶ月〜生後6ヶ月では、1回200〜220ml(5〜6ヶ月頃から離乳食1回)

 

・生後6ヶ月〜生後9ヶ月では、1回200〜220ml(離乳食2回)

 

・生後9ヶ月〜生後12ヶ月では、1回200〜220ml(離乳食3回)

 

となります。これらは、あくまで目安の授乳量でありますので、

 

それぞれの赤ちゃんの成長度合いに合わせるべきです。

 

赤ちゃんの成長に合わせた必要量を授乳するようにしましょう。

 

赤ちゃんの授乳にかかる時間は

 

人それぞれ個人差があります。

 

基本的には、左右とも「片方15分ずつ」位

 

良いとされています。

 

おなかのすいた赤ちゃんは、

 

おっぱいの吸い初めに一気に一定量を飲み進め、

 

その後はゆっくりと飲み進めていきます。

 

それ以上かかる授乳時間は、いわゆる「遊びの飲み」

 

の場合も多いものです。

 

この時は、適度なところで乳首から赤ちゃんを離し、

 

授乳を終わらせてもよいでしょう。

 

生後3ヶ月頃になると、左右それぞれ10分程度で

 

飲み終わるようになってきます。

 

月齢による授乳の間隔の変化

 

月齢に応じた、授乳の間隔の目安は以下のとおりです。

 

 

生後2ヶ月頃までの授乳間隔

 

 

生まれたばかりの赤ちゃんには、

 

1回に飲む量を考えても、

 

おおよそ3時間おきの授乳が必要になります。

 

長くても3時間間隔ですので、

 

1日に少なくとも8回、

 

多い子では、12回位は飲ませてあげたいものです。

 

 

生後2ヶ月頃の授乳間隔

 

 

生後2カ月を過ぎた頃から、

 

赤ちゃんの飲み方も随分上手になってきますし、

 

少しずつ夜間における授乳の間隔も

 

少し開くようになってきます。

 

この頃でも、個人差はありますが、

 

1日に8回~10回程度は授乳の回数があります。

 

 

生後3ヶ月頃の授乳間隔

 

 

生後3ヶ月頃になると、

 

授乳の間隔も1日に6回~8回程度で

 

済むようになってきます。

 

この頃になってくると、赤ちゃんの吸いつき方も、

 

吸う力も随分上手になりますので、

 

左右片側10分程度で飲み終わるようになってくるでしょう。

 

 

生後4カ月頃の授乳間隔

 

 

生後4カ月頃になると、

 

赤ちゃんも昼夜の区別が付くようになり、

 

夜間の授乳回数もかなり減ってきます。

 

昼間の授乳も4~5時間くらい開くように

 

なってきます。

 

徐々に離乳食への準備も始められる時期ですので、

 

授乳と離乳食を合わせてみましょう。

 


授乳回数を減らし、授乳間隔を伸ばす方法はどうするの?

 

母乳育児,量,授乳,間隔

 

赤ちゃんが母乳を飲み過ぎて、なかなか授乳回数が減らないので

 

授乳回数を減らしたい。

 

 

授乳回数を減らすために、授乳間隔をなるべく伸ばしたい。

 

 

どうすればいいのでしょうか?

 

 

まず、赤ちゃんが泣いたからといって、すぐに授乳するのはやめましょう。

 

10分位は、そのまま、心を鬼にして我慢します。

 

 

そして、授乳させた後は、スキンシップをとったり、優しい声をママから

 

赤ちゃんにかけてあげたりして、あやしてあげます。

 

 

大事なのは、なるべく赤ちゃんの意識、満足が母乳以外にそれるよう

 

仕向けることです。

 

 

音楽を流したり、優しくトントンするなどして、意識を母乳など食べ物以外に

 

意識をそらせられるようにすれば、次第に授乳間隔が伸びてくるはずです。

 

 

大事な赤ちゃんだからこそ、こだわりたい。







母乳育児中ママ100人に聞きました

母乳の悩み1位は「つまり」です

全国500以上の産院がオススメ!


⇒ ハーブティーで、ストレス解消ティータイムを!