母乳育児 母乳の出をよくするために必要な栄養とは?

母乳の同じ悩みを持つママだから。私の強い味方!






ひよこクラブ、赤すぐ、mamagirlがオススメ!


実際に飲んだママ96%が他のママに薦めたい!


⇒ 飲んだママの91%が、【赤ちゃんの母乳ゴクゴク】を実感!


母乳育児中のママ必見!授乳に良い栄養と悪い栄養

 

母乳育児,栄養,母乳

 

母乳は、赤ちゃんにとって大切な栄養源です。

 

その母乳に一番必要な栄養素はカルシウムです。

 

牛乳にカルシウムが多く含まれているのと同じです。

 

 

一生のうちで、女性が最もカルシウムを失いやすいのが

 

母乳を出す授乳期だと言われています。

 

骨というのはカルシウムの貯蔵庫なので、

 

使ってしまうとなくなってしまいます。

 

つまり、授乳期は骨密度が下がりやすい時期

 

なのです。

 

赤ちゃんが一番育つ大事な時期に、授乳中のママが

 

カルシウム不足になると、当然、赤ちゃん自身も

 

カルシウム不足になってしまいます。

 

注意したいのは、牛乳、チーズやヨーグルトなど

 

乳製品を摂り過ぎると乳腺が詰まる原因になる

 

ということ!、です。

 

また、脂分の多い食べ物も乳管をつまらせる原因となります。

 

乳製品と脂分の多い食べ物は避けた方が賢明

 

といえるでしょう。

 

この場合、カルシウム不足をサプリなど補助食品で補うこともできます。

 

厚生労働省も推奨しているので内容をチェックするくらいはしてみましょう。

 

 

授乳中でも問題のないカルシウム摂取サプリがあるので、

 

興味がある方はご覧になってみてください。

 

 

 

 

母乳育児を助ける!摂りたい食事と摂ってはダメな食事

 

母乳育児,栄養,母乳

 

母乳育児をやりたいママは

 

次の食べ物には気をつけましょう。

 

・生卵(卵はできれば、加熱したものを食べた方がよい)

 

・牛乳

 

・乳製品

 

牛乳や乳製品は、乳腺を詰まらせるので

 

なるべく気をつけましょう。

 

赤ちゃんの未熟な消化器には負担になる

 

食材なので、とりすぎには注意します。

 

他には、

 

肉類、サラダ油、甘い物、天ぷら、揚げもの、

 

フライ、スナック菓子、冷凍食品、あげせんべい、

 

など、脂っこいものはなるべく避けます。

 

クッキー、ケーキ、チョコレート、コーヒー用ミルクなど

 

糖分の取り過ぎもよくありません。

 

カレールー、シチュー、スパイスや唐辛子などの刺激物など

 

赤ちゃんに多いアレルギー食品になるので

 

これもダメです。

 

じゃあ、何を食べたらいいかですが、

 

ごはんは多めに食べてよし。

 

野菜を煮たり、焼いたりしたもの

 

和食中心であればいいでしょう。

白米と根菜のおかずを中心にした和食がベスト

 

母乳育児,栄養,母乳

 

 

1日3食、できることなら白米をたくさん食べましょう。

 

ここはカロリーをあまり気にしないで食べれるだけ、どんどん

 

食べたいものです。

 

 

炭水化物は、母乳のエネルギーです。

 

 

たくさんの母乳を作り出すためには、

 

他量の炭水化物が必要です。

 

 

赤ちゃんに良質で、豊富な母乳をあげるためにも

 

意識して、白米を食べることにより、炭水化物の

 

多量摂取に取り組みたいものです。

 

 

そして、おかずは、なんといっても根菜類です。

 

 

冬野菜は体を温める作用があります。

 

体を芯から温めることにより、血流が良くなります。

 

そして、母乳の出が良くなります。

 

母乳育児,栄養,母乳

 

主な冬野菜は、

 

ごぼう、大根、ニンジン、白菜、ホウレンソウ、ネギ等です。

 

 

ナスやキュウリなど体を冷やす野菜は、

 

あまり好ましくありません。

 

 

最初に挙げた冬野菜を中心に根菜類の野菜を中心とした

 

おかずを摂りましょう。こちらが粗食になるので、

 

主食の白米は多少とり過ぎてもよく、バランスがとれることになります。

 

 


水はどれくらい飲んだ方がいい?どんな飲み物が母乳が出やすくなる?

 

母乳育児,栄養,母乳

 

水は、なるべく多量に摂った方がよいです。

 

目安は3リットル以上。

 

 

暑くて汗をかく夏場は、5リットル以上を目指しましょう。

 

ただし、涼しい室内で過ごすなら、無理に5リットル以上の

 

水を飲む必要はありません。

 

 

自分の体の反応をみながら、無理しすぎないように水を

 

飲みましょう。

 

 

 

また、水以外にどんな飲み物がいいのでしょうか?

 

 

 

ノンカフェインの飲料(コーヒーやハーブティーなど)、

 

麦茶、白湯などがおすすめになります。

 

 

冷たい飲み物や清涼飲料水などは、体を冷やすので

 

避けた方がよいでしょう。

 

 

また、アルコールも、授乳により赤ちゃんにアルコールが移ってしまう

 

危険性があるので止めましょう。

 

 

いずれにせよ、水は大量に飲んだほうがいいことだけは覚えておいて下さい。

 

 

⇒ 知らなかった!損してませんか?母乳生成を促す〇〇!

 

母乳育児,栄養,母乳

 

 

 

 

毎日飲むお茶にもこだわりたい。知っているママだけが飲むたんぽぽ茶

 

母乳育児,栄養,母乳

 

母乳の出を良くするたんぽぽ茶を愛飲する先輩ママの声です。

 

妊娠したいと思った時からノンカフェインの体に良いお茶を探していました。

 

でも妊娠中にだんだん「お茶じゃなくてミルクティーが飲みたい!」と

 

思うようになったんです。

 

それでまず他社の「たんぽぽコーヒー」を飲むようになりました。

 

でも、舌に残る苦い感じがして苦手で…ミルクを入れても…。

 

そこで、ティーライフの「たんぽぽコーヒー」に乗り換えました。

 

 

こっちは、「たんぽぽコーヒー」にミルクと砂糖を加えると

 

ミルクティーっぽくなって飲みやすいんです。

 

でもゴクゴク飲みたい時もあるので「たんぽぽ茶ブレンド」も飲みはじめたんですが、

 

香ばしくておいしいですね。好きです!

 

ダイエットにもいいみたいで、クセがないから友達にもオススメできます。

 

 

「たんぽぽ茶ブレンド」で念願の「母乳育児」を楽しんでいます。

 

私は看護師だったので、母乳の良さについて習ったことがありましたから、

 

母乳で育てたいと強く思っていたんです。

 

今実際に育児をしていて、母乳だと夜の授乳がラクだということも実感しています

 

。ミルクの準備をいろいろしなくていいですし。

 

子供にとっても私の体にとっても良い母乳のためには、

 

まず、水分と栄養補給が大切ですよね。

 

私は毎日、意識して「たんぽぽ茶ブレンド」をたくさん、

 

お茶感覚でゴクゴク飲んでいますよ。

 

夜も授乳のために起きたら、その時は必ず飲むようにしています。

 

 

母乳を飲んでいる我が子の顔が、すごーくかわいいんです!

 

その顔が見られる瞬間、母乳にして良かったと感じます。

 

母乳をあげられる時期は長くないじゃないですか。

 

だから、今が幸せだなぁと思います。この時間を大事にしたいですね。

 

母乳だと外出もきっとラクですよね。

 

まだあまりいろんな所に行けていませんが、

 

これからいろいろ出かけてみたいです!

 


大事な赤ちゃんだからこそ、こだわりたい。







母乳育児中ママ100人に聞きました

母乳の悩み1位は「つまり」です

全国500以上の産院がオススメ!


⇒ ハーブティーで、ストレス解消ティータイムを!