産後の抜け毛前髪が不足する時の髪型

母乳の同じ悩みを持つママだから。私の強い味方!






ひよこクラブ、赤すぐ、mamagirlがオススメ!


実際に飲んだママ96%が他のママに薦めたい!


⇒ 飲んだママの91%が、【赤ちゃんの母乳ゴクゴク】を実感!


産後の抜け毛前髪が不足する時の髪型はどうすればいい?

産後,抜け毛,前髪,髪型

 

産後のは一時的に女性ホルモンの分泌量が減り、

 

髪の毛が抜けやすくなります。

 

そんな時はヘアスタイルを変えてみるのが得策です。

 

抜け毛が増える「出産」出産を終えて育児を始めると抜け毛が

 

多いことに気づく方もいるのではないでしょうか。

 

産後の身体の悩みとして、抜け毛を挙げる女性が多くいます。

 

産後の抜け毛は決して珍しいことではなく、約8割もの女性が経験するそうです。

 

それは、女性ホルモンの分泌が多いために抑えられていた妊娠中の抜け毛が、

 

出産後ホルモンの分泌が減少することにより、一気に毛髪が失われるためです。

 

女性ホルモンの減少は一時的のため、分泌量が回復すれば抜け毛も自然と収まります。

 

それでは、どのほど度で回復するのでしょうか。

 

個人差にもよりますが、おおむね出産から6〜1年ほど度で、

 

授乳が終わるころには回復していることが多いようです。

 

ボリュームダウンしている時は前髪をつくろう産後の抜け毛は、

 

頭髪が頭頂部の中心部分のみ薄くなるといった、

 

男性的な抜け毛とは異なります。

 

女性の場合は全体的に頭皮が薄く透けて見える、

 

などの頭髪全てが平均的に薄くなるケースが多く見受けられます。

 

したがって、ボリュームが全体的に少ない場合は厚めの前髪を作り、

 

ボリュームがあるように見せかける方法が有効です。

 

前髪が薄いととたんに貧相に見えてしまいますので、

 

頭頂部の毛髪からしっかりと持ってきて分厚い前髪を作りましょう。

 

どうしての前髪が作れない場合は、ウィッグを利用するのも有効な手段です。

 

産後,抜け毛,前髪,髪型

 

特に、おでこが広くなってきたときにおススメなのは、

 

なるべく頭頂部から量を多くとった厚めの長い前髪です!

 

また、分け目をぴっちりとつけるのではなく、おでこの辺りからジグザグと

 

ラフな感じで分けていくと頭頂部がふんわりとボリュームアップしオシャレに

 

見せることができます。育毛剤の活用もいいですが、他にも手はあります。

 

前髪のアレンジといえば、ぱっつん・斜め分け・真ん中分けなどが主流ですが、

 

これらのアレンジは毛量が少ないと難しいです。

 

そこでおすすめしたいのが「シースルーバング」

 

シースルーバングは、額が透けてちらっと見えるくらいの量の前髪のことです。

 

また、あえて髪を短くするのも手です。

 

パーマは避けた方が賢明です。

 

髪を長く伸ばしてしまうと、重みで髪が下へ下がってしまいます。

 

重みで髪がストンと落ちてしまうと、ボリュームが出づらくなってしまいます。

 

勿論パーマなどでボリュームをつけることは可能なのですが、

 

薄毛に悩んでいるのなら、あえて頭皮にダメージを

 

与えるようなパーマをかけない方が賢明です。

 

大事な赤ちゃんだからこそ、こだわりたい。







母乳育児中ママ100人に聞きました

母乳の悩み1位は「つまり」です

全国500以上の産院がオススメ!


⇒ ハーブティーで、ストレス解消ティータイムを!