産後の抜け毛・薄毛を治す!根本から治療!

産後抜け毛・薄毛に困ったら・・・先輩ママからのアドバイス





⇒ もう悩まないで!産後ママに優しい育毛剤はこれ!


どうして誰も教えてくれなかったの?

早く知っておけば良かった・・・。

損をする前に知っておくべきことがあります。


⇒ 産後、つらくなったママの心に効く!【良書10選】

産後の抜け毛・薄毛を治す対策 2つのホルモンバランスが関係あり

 

産後,抜け毛,対策

 

産後の抜け毛と生理再開、一大イベントの出産を終えたママ

 

には、どちらも悩ましい大きな問題を抱えています。

 

産後の抜け毛の一番の原因は、女性ホルモンの変化です。

 

女性ホルモンには、プロゲステロンとエストロゲンの2つがあります。

 

妊娠すると、プロゲステロンが体内で大量に分泌されるようになります。

 

プロゲステロンには、妊娠している状態を安定させたり、

 

体温を上昇させる働きがあります。

 

産後の抜け毛というのは産後脱毛症とも呼ばれるもので、

 

出産をした方の2人に1人は経験すると言われる症状になります。

 

出産をしてしばらく経つと現れるこの症状は、

 

基本的に女性ホルモンが原因となっているので、

 

薄毛になる心配はありません。

 

妊娠をすると女性ホルモンの一つであるエストロゲンの分泌量が多くなるのですが、

 

このホルモンは髪の発育を促進して成長期を長くしたり、抜けにくくするという働きがあります。

 

そのため、妊娠をしている間は髪の量が増えてボリュームがアップします。

 

プロゲステロンには、、髪の毛の成長を促進する働きもあります。

 

だから、女性によっては妊娠中に髪の毛が増えるという

 

現象を経験する妊婦さんもいらっしゃるようです。

 

しかし逆に体内のホルモンバランスが崩れることで、

 

ヘアサイクルが乱れることが生じます。

 

ヘアサイクルは本来、成長期、退行期、休止期の3つの

 

状態から成り立ちますが、プロゲステロンが体内に増えることで、

 

ヘアサイクルが短くなることがあります。

 

これによって抜け毛が増えるということです。

 

これを分娩後脱毛症や産後脱毛症と言います。

 

女性のはげ方は、男性とは特徴や原因が異なります。

 

おでこの生え際や頭頂部など、

 

一部が集中してはげやすい男性型のはげと違って、

 

女性のはげ方は全体的に髪の毛が薄くなるのが特徴です。

 

特につむじ付近は髪の分け目を作りやすくなるため、

 

薄くなった髪の隙間が目立つ傾向があります。

 

全体的に薄くなっている状態ですが、

 

髪のセットや分け目の問題から「特に」つむじ付近が

 

目立つため「つむじはげ」と呼ばれるようになりました。

 

また、初めての出産の時が、最も抜け毛が多くなるようで、

 

2回目、3回目の出産には、徐々にその症状は軽くなるようです。

 

ホルモン以外の原因では、

 

つわりによって体内に十分な栄養が吸収されなかったり、

 

あるいは、おなかの中の赤ちゃんが大きく成長するにつれて、

 

ママの体の栄養分が吸い取られることで、髪の毛に栄養が行き渡らず、

 

抜け毛が増えるとも考えられています。

 

また、妊娠中には、フケやかゆみが多くなることもあります。

 

これは、皮脂が多く分泌されていることが考えられます。

 

また、産後の抜け毛とともに頭痛に

 

悩むママも多いようです。

 

これは、骨盤の歪み(リラキシン)が関係しているかもしれません。

 

産後に起きる頭痛と通常の頭痛の大きな違いは、

 

産後の「骨盤のゆがみ」が原因とされています。

 

妊娠すると「リラキシン」というホルモンの影響で、

 

骨盤の仙腸関節の周辺の靭帯が緩み、出産の準備をします。

 

リラキシンが出ている間は、関節が柔らかくなり

 

骨盤が歪みやすくなります。

 

リラキシンは妊娠中から産後6ヶ月間頃まで

 

分泌され、女性の人生で最も骨盤が歪みやすい期間です。

 

骨盤が歪むと、腰椎、胸椎、頸椎も歪んできて

 

神経や血管を圧迫するため、

 

頭部を流れる血流が悪くなることで頭痛が起こります。

 

産後特有のメカニズムのため、

 

だんだんと骨盤の緩みが解消してくると頭痛も軽減されるといわれます。

 

また、授乳による水分不足(オキシトシン)も原因のひとつのようです。

 

産後は授乳をする際に「オキシトン」という子宮を収縮させたり、

 

母乳を分泌させるホルモンが急増します。

 

授乳をすると体の水分が減る為、

 

血液がどろどろになり血流が悪くなるため、

 

授乳中に偏頭痛やめまいを起こすことがあります。

 

多くは出産後8週間程で症状は治まりますが、

 

人によってはそれ以上続く場合もあります。

 

抜け毛も気になりますが、このような頭痛も

 

適切に対応したいものです。

 

産後女性の抜け毛・薄毛対策は、手当ての方向さえ

 

間違わなければ早期に改善します。

 

その抜け毛の悩み解決しませんか?

 

産後の抜け毛対策 女性の髪の栄養補給は?髪のメカニズムを知る

 

産後,抜け毛,対策

 

産後の抜け毛がいつから始まるのか、

 

また、産後の抜け毛がいつまで続くのか、

 

気になることだと思います。

 

だいたい何本ぐらい生えているのかご存知でしょうか。

 

個人差はありますが、平均するとひとりの人の頭には、

 

およそ10万本の毛髪が生えています。

 

それぞれの髪が伸びる速さは、だいたい一日に0.3ミリ。

 

一日に髪全体で30メートルも伸びるのです。

 

一ヶ月なら、単純計算で900メートル。

 

これほどのスピードで代謝する細胞は、ほかにはありません。

 

では、髪がどこから栄養を得ているかというと、

 

これは血液からなのです。

 

髪は根っこの部分で、直接血管とつながっています。

 

毛髪のうち、頭皮から隠れている部分を毛根といいます。

 

そのいちばん根っこには毛球と呼ばれる膨らんだ部分があり、

 

そこに神経や毛細血管が集中している毛乳頭、

 

栄養を吸収して新しい毛髪を作る毛母細胞が含まれています。

 

毛母細胞が分裂を繰り返すため、

 

毎日少しずつ髪の毛が上に押し上げられ、伸びて見えるわけです。

 

なので、毛乳頭にきちんと栄養が届いていることは、

 

健康な髪を作り出す必要条件です。

 

そして、その栄養を握っているのは血液。ですから、たくさんの量が必要。

 

漢方の世界では、髪は血液の余り物で作られると言われるほどです。

 

美髪のためには健康な頭皮が大切、そして血流がいいことが

 

重要なのです。。

 

 

産後の病院で抜け毛・薄毛を診てもらう必要はあるの?

 

産後,抜け毛,対策

 

あまりにも抜け毛・薄毛がひどいなら、

 

医者に診てもらうことを考えてもよいでしょう。

 

妊娠・出産後、生理不順など、ホルモンバランスの乱れの

 

可能性があるなら、婦人科

 

頭皮のかゆみ・フケ・湿疹・炎症・吹き出物などの

 

異常も伴っているなど、頭皮トラブルがあるなら、皮膚科。

 

抜け毛や薄毛以外にも体に何かしらの異変を感じている場合は、

 

内臓の疾患や甲状腺機能障害の可能性もあるため、内科。

 

強いショックやストレスを受けるような、

 

心理的要因に心当たりがあるなら、精神科。

 

どこに行けばいいか全く分からないければ、

 

産後なのでまずは産婦人科で相談してみましょう。

 

また、以前に総合病院で受診したことのある方は、

 

総合病院のような大きな病院もお勧めです。

 

診察結果によって、婦人科→皮膚科、

 

皮膚科→婦人科→内科、など複数の病棟で

 

受診を受けるケースも多々あるようです。

 

そのため、婦人科や皮膚科専門の小さな病院よりは、

 

大きな総合病院の方がいいかもしれないからです。

 

結論として、診断結果によって他の科を紹介してくれるので、

 

女性の薄毛治療の場合は、症状にあわせて

 

「皮膚科」か「婦人科」で受診するのが無難です。

 

「受診する科を間違っていたらどうしよう…」など、心配する必要はないです。

 

最初に診断してくれた先生が、症状を診てその後の判断をしてくれます。

 

ただし、総合病院に紹介なしで初診をすると

 

費用がかさむことも考えられるので、総合病院の

 

受診歴がない方は、とりあえず、産婦人科で診てもらいましょう

 

 

 

 

出産後の薄毛、抜け毛は治らないのか?頭皮ケアで有効な対策を知る

 

産後,抜け毛,対策

 

もともと髪の毛の状態というのはホルモンの影響をうけているため

 

一生おなじ状態ではなく、髪の太さや濃さは微妙に変化していきます。

 

30代後半からは女性ホルモンが減り始め、

 

出産後でなくともだんだん髪は細く薄くなっていきます。

 

出産後の身体というものは、妊娠中から大量に分泌される女性ホルモンが

 

産後に激減することもあり女性の体に大きな変化をもたらします。

 

この女性ホルモンの激しい変化の時に起こるのが薄毛や抜け毛の症状です。

 

薄毛に関しても元のボリュームに戻ろうとする活動が行われますが、

 

赤ちゃんを育てていると、

 

ママの栄養はたくさん赤ちゃんへと与えることになります。

 

その時のママの身体というのは何かと不足しがち。

 

この状態の時に肌のバリア機能も低下してしまっているんですね。

 

そんな、外部からの刺激やストレスに弱い時期に、

 

もし紫外線や乾燥によって頭皮が肌荒れを起こしていた場合に、

 

何もケアせず保湿を怠っていると、頭皮のダメージから髪の毛のトラブル、

 

すなわち『薄毛や抜け毛』に繋がってしまうのです。

 

そうなんです、

 

薄毛が戻らない原因は頭皮が健康な状態でないことにあるんですね。

 

特に二人目の出産の場合ですと、一人目の授乳でたくさんの栄養分を

 

赤ちゃんに分け与えてしまっており、それが回復されないままの状態であることも。

 

そうなると余計に産後の抜け毛や薄毛が戻りにくい状態にあると考えられます。

 

さらに、もしあなたが、元から肩こりや首こり持ちの場合は要注意です。。

 

“コリ”と言うのは血液がうまく循環していない血行不良の状態。

 

血行が良くないということは、血液の流れが悪く

 

頭皮への栄養分や水分の運搬がうまく働かない状態でもあります。

 

これも頭皮の乾燥の原因になり、産後の薄毛を戻りにくい状態にしちゃいます。

 

頭皮の乾燥による肌の硬化とうのは、毛細血管の血行不良に繋がり、

 

毛根や毛母細胞の栄養不足を引き起こします。

 

そうなると新しい髪の毛の成長が阻害されてしまい、

 

細くてパサパサのツヤやハリ・コシのない髪の毛になり、

 

そこからどんどん薄毛になってしまうんですね。

 

女性ホルモンの減少だけが薄毛の原因と思われる産後の薄毛ですが、

 

じつは、産後の栄養不足の状態で外部の刺激などにより傷んだ頭皮への

 

ちゃんとしたケア不足による頭皮の乾燥が一番の原因なのです。

 

 

マッサージで試みる産後の抜け毛対策 リラックス効果もあり!

 

産後,抜け毛,対策

 

まず、ツボは全身に1000〜2000ヶ所以上もあるといわれていて、

 

アタマには抜け毛を防ぐツボだけでなく、

 

目の疲れや頭痛、肩こり、更年期障害などに効果のあるツボがあります。

 

2番目に、ツボを正確に探し当てるのは素人には難しいのですが、

 

正確なツボでなく、その周辺を押すだけでも効果が得られることです。

 

ですから、全体をマッサージするようにすれば、素人がやっても効果があると考えました。

 

3番目に、頭皮全体の血行を良くするためには、

 

やはり頭皮全体を動かしたほうが効果的だと自分で実感したからです。

 

以上の理由から、頭皮全体をまんべんなく動かす育毛マッサージも

 

一度試してみるとよいでしょう。

 

百会(ひゃくえ)

 

抜け毛、頭痛、不眠、自律神経失調症、ストレスなどなど、

 

多様な症状に効く、重要なツボです。

 

アタマのてっぺんにあり、頭頂部の中央線と左右の耳の穴を

 

結んだ線がまじわるあたり、

 

ややくぼんでいるところです。

 

四神聡(ししんそう)

 

円形脱毛症、歯ぎしり、不眠などに効果的とされるツボです。

 

アタマがボーッとしているときなどに、ここを押すとすっきりします。

 

「百会」から、前後左右に4ヶ所、それぞれ指2本分外側にあります。

 

天柱(てんちゅう)

 

抜け毛、頭痛、眼精疲労、肩こり、更年期障害、首のこわばりなど、

 

さまざまな症状に効果的なツボです。

 

うなじの生え際中央にくぼみがあり、その両側に太い筋肉があります。

 

その筋肉の外側がこのツボです。アタマというより首すじに位置しています。

 

首の周辺の血行を良くするので、眼精疲労や頭痛、肩こり、

 

喉頭炎などに効果があります。

 

産後の生理再開 生理の前に女性の抜け毛が増える理由はなぜ?

 

生理前に抜け毛が増えるのは、ホルモンバランスが

 

大きく関係しています。

 

産後女性の生理再開前には同じことが考えられます。

 

平均的には産後8カ月で70〜80%の人が生理が再開しますが、

 

産後1〜2カ月で始まったという人もいれば、

 

1年半以上こない人もいます。

 

授乳中のママは生理が始まりにくいとも言えるでしょう。

 

生理の再開の要因はいろいろありますが、

 

1番大きく関わっている要因は母乳です。

 

授乳中は「プロラクチン」というホルモンが分泌されるのですが、

 

このプロラクチンには排卵を抑える作用があります。

 

そのため、プロラクチンが多く分泌されている間は、

 

生理は再開しにくいです。

 

ポイントは1日5回以上の授乳、1回10分間以上の授乳、

 

夜間の授乳などを行っている間は、

 

生理が再開しにくいとされています。

 

一般的に母乳を上げているママは生理の再開が遅く、

 

ミルクのママは早い傾向にあります。

 

ただし、あくまで傾向ですので、

 

すべてのママに当てはまるわけではありません。

 

エストロゲンとプロゲステロンのバランスが

 

崩れてしまうと女性は頭痛や吐き気、ほてりや

 

イライラなど様々な症状に悩まされることになります。

 

女性が抜け毛が増えたと感じる高温期は

 

プロゲステロンの働きが活発な黄体期と呼ばれる時期です。

 

この時期は皮脂の分泌が激しく頭皮の毛根が詰まりやすくなってしまいます。

 

低温期、高温期がありそれぞれ分泌されるホルモンが違います。

 

エストロゲンは卵胞ホルモンとも呼ばれ、排卵に向けて女性らしさを保ち、

 

お肌や心の調子を安定させてくれます。

 

プロゲステロンは黄体ホルモンと呼ばれ、

 

身体を妊娠成立に向けて作りあげていくホルモンです。

 

プロゲステロンには皮脂の分泌を盛んにする要素があり、

 

毛根を詰まらせてしまいます。

 

そのため、プロゲステロンが増える生理前には

 

毛根は余分な皮脂で詰まった状態になり、

 

髪の毛が抜けおちてしまうと言う現象が起こってしまうのです。

 

抜け毛以外にも肌荒れやむくみなどがおこりやすくなります。

 

産後女性の生理再開前には、妊娠していない

 

一般女性と同じ生理前の抜け毛増加の現象と

 

同じようなことが起こっているのかもしれません。